浮気調査の現場でデジタル撮影機材が使われる実情

浮気調査に使われる撮影機材の種類

高性能で笑いが出てしまうデジタルカメラ

いろんな探偵事務所が全国各地にあるなかで、まったく同じ撮影機材を使って調査をおこなっている探偵事務所はほとんど無いといってもいいでしょう。
何故なら、探偵という職業の特性上、大変難しい撮影環境で、なお且つ隠れて撮影しなくてはなりません。
そのため、撮影機材は特殊なものばかりになり、さらには探偵事務所独自に改造(魔改造)が施されることもあるのです。

 

しかし、一転して絶対に探偵が使っている撮影機材もあります。
それがデジタルカメラです。
何故デジタルカメラを全ての探偵が使っていると言い切ることが出来るのか?
それはデジタルカメラの特性が探偵という職業にピッタリだからです。

 

デジタルカメラの特性とは、

 

・軽い、持ち運びに便利
・小型、隠して持てる
・高性能、手振れ補正や若干の暗視機能付き
・場所を選ばない、撮影した後直ぐに映像の確認が出来る
・動画機能、撮影機材を複数持つ必要がない

 

以上の点でデジタルカメラが大変探偵に向いている機能があることが伺えます。

 

特に最近では、画素数も従来のものより進んでいるもの、また簡単に画像の編集(この場合、画像の鮮明化)が出来ることもあって探偵は必ず調査現場に1台もしくは複数台のデジタルカメラを持っていきます。
小型なので持ち運びに便利ですし、大きなアナログカメラを首に下げているよりも自然ですからね。

ホーム サイトマップ