浮気調査に使われる暗視機能付きカメラの解説

浮気調査に使われる撮影機材の種類

探偵に必要な暗視機能

暗視機能は探偵にとって大変重要なカメラの機能です。
何故なら、尾行の様々な状況のなかには、暗闇での撮影が含まれるからです。
特に浮気調査での暗視機能付きのカメラの役割は大きく、浮気相手と夜の街でホテル街へ入っていく場所では暗視機能の付いたカメラでないと鮮明な証拠写真を撮影することは出来ません。

 

この暗視機能付きのカメラですが、ほとんどの探偵事務所では業務用の高性能なカメラとデジタルカメラなどの市販されているものを暗視カメラように改造したりといった方法で暗闇での撮影を可能にしています。

 

市販されているカメラで、既に暗視機能が備わった物も普及していることから、一般の人でも購入することが出来るようにはなりましたが、それらの機能はナイトショットと呼ばれる最低限の暗視機能が備わっているものから、業務用にも負けない性能を持ったものまで様々です。

 

浮気調査をしてもらう時に、探偵へカメラのことを聞くと、これら暗視カメラの性能について解説をしてもらうこともありますが、それらのカメラの機能が本当に暗視カメラとして十分な性能を備えたものなのか判断するためにも、カメラ性能をキチンと理解するだけの知識は必要になります。

 

また、悪質な業者では、高性能な暗視機能付きのカメラを所持してういると言っておきながら、暗視機能が最低限しか備わっていないカメラを、偽って伝えているケースも報告されているので、浮気調査の依頼をする場合には、必ず性能の確認をしておくこと、そして、自分の調査で高性能なカメラを使った撮影をしてもらうように念を押しておくことが重要です。

ホーム サイトマップ