浮気調査の現場で望遠撮影が可能な機材を持つ探偵が選ばれる理由

浮気調査に使われる撮影機材の種類

望遠撮影ができる探偵が選ばれる、その理由

探偵が持つ撮影機材の中で、最もポピュラーな物が、望遠撮影機材ではないでしょうか。
望遠撮影をするメリットとして、調査対象者に近づくことなく、遠距離から証拠の撮影ができるので、調査がバレる心配がないという点があげられます。
浮気調査でも、望遠撮影が可能な撮影機材があれば、車を停めた駐車場やビルの屋上、屋内などから撮影することができるので、調査の幅が広くなり、探偵にとっても調査が安全にできるので、遠距離から撮影ができる望遠撮影機材は欠かすことができない物であることが推察出来ます。

 

しかし、一方で望遠撮影機材を使った調査には、デメリットもあるようです。
そのデメリットというのが、撮影可能な場所が限られるということ、そして、大がかりな機材を持ち運ぶため、調査員が目立つ危険性があるということです。

 

探偵は、調査を行う上で、私有地などに勝手に入って調査をすることが禁じられています。
調査をするなら私有地の持ち主に用件を伝えて許可を得ないといけませんが、調査という性質上どうしても許可を取ることが難しかったりします。
そのため、望遠撮影カメラがあったとしても、撮影する場所が限られてしまうこともあるようです。
また、望遠カメラのレンズというのは、取り扱いを慎重に行わないといけなかったり、レンズも大きなもので、持ち運びが大変だったりといったことから、町中で大きなレンズをつけたカメラを持っていると、怪しまれたりもするでしょう。

 

この様なデメリットを解消するために、探偵事務所では、いろんな改善方法を取っているようです。
望遠撮影が可能なカメラレンズの性能を最大限高い物にして、超長距離からの撮影もできるカメラで、都合の良い撮影ポイントが現場から離れていても、ポイント選びに困らないようにしたり。
カメラ自体を改造して、持ち運びを便利にして、尾行が可能な距離からの撮影に特化したりといった方法で対処しているようです。

 

この他にもいろんな対策があると思いますが、探偵事務所が秘匿する調査技術だったりするため、その全容をすべて把握することが難しいということがわかりました。

 

もしも、長距離からの撮影を得意とする探偵事務所や興信所に依頼をするときは、どういった望遠撮影機材を使って、どのような方法で浮気調査を行うのか確認してみるのもいいかもしれません。

ホーム サイトマップ